読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生ぬるま湯主義

つれづれなるままに以下略

はたしてワタシは喫煙者なのか

暑くなってきましたね(時候の挨拶)。

 

きのうは健康診断でした。病院じゃなくて、商工会議所での集団検診ですけれど。

で、健康診断といえば問診票です。病歴とか生活習慣とか記入するあれです。あれで、毎年どう書いたもんか迷ってしまう項目があるんですよねー。何かというと、「喫煙」の項目です。

もう提出しちゃったんで手もとにはありませんが、問診票にはこのようにあります。「あなたは煙草を吸いますか? 1.いいえ 2.はい 1日(  )本」と。

んん~、煙草を吸いますか?と問われれば、答えは「はい」です。禁煙したつもりもするつもりも今んとこありません。でも、僕の喫煙ペースは〈1ヶ月に一箱吸うか吸わないかぐらい〉。酔ったときか疲れてるときしか吸いませんし、自宅の中でもすいません。となると会社の休憩時間に数本吸うときがあるか、あとはだいたい飲み屋で吸うことになります。朝まで飲んでるような日は口寂しさも手伝って一晩で一箱吸ってしまう日がある一方で、吸わない時期は二ヶ月ぐらい吸いません。

話を戻して、たいていの銘柄で煙草が一箱20本入りだというえことを考えると、平均にならせば1日1本未満の計算です。まさか少数で書くわけにもいかねえしなあ……と頭を悩ませ、メンドクサくなって毎年「いいえ」に丸を書いてます。

 

ここでググって厚労省のPDFを参照すると、

特定健診の標準的な質問票では「現在、習慣的に喫煙している者」の定義として、「合 計 100 本以上、又は 6 ヵ月以上吸っている者であり、最近 1 ヵ月間も吸っている者」 と定めています。

と書いてあります。そうそう、たしかにそう書いてあったような気がします。僕の場合、最後に煙草吸ったのはゴールデンウィークに帰省して地元の友だちと飲んだときに2、3本吸ったっきりですから、最後の「最近1ヶ月間も吸っている者」には当てはまらないので「喫煙の習慣はあるが、習慣的に喫煙しているわけではない者」ということになりそうです。

 

特にオチはないですが今回はこれでオヒラキ。気が向いたらまた今度煙草の銘柄の話でも。