読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生ぬるま湯主義

つれづれなるままに以下略

社会適合者さんはこんな短歌を詠んでいるんだぜ(20選シリーズ)

この愛を僕は証明してみせる後はいくらを課金すればいい?


脱ぎたての君の下着は借りたけど変な事には使わないから


幸せは歩いてこないなら奪え たとえその手を血に染めようと


遺体とは一緒にいたい死体とはいけない事を一緒にしたい


酒好きなあいつの葬儀に泣き顔は似合わないから出そうちんちん


ロックなぞストイックにやる愚者たちの血を吸う赤いリッケンバッカー


音楽を気取る奴等が音楽の鳴る街中でイヤホン着ける


新しい無敵の顔は超合金カバオくんでも噛み砕けない


ぶっ殺す復活させてもう一度さらに殺してまたぶっ殺す


引きこもる行為に理由が要るならばどなたか僕をいじめてくれよ


音楽を奏でるために円盤も鍵盤さえも今はいらない


初恋の愛しのあの子抱いた後そっと手渡す福沢諭吉


仕組まれた三十一文字に感染しソースコードが短歌に変わる


唇で摂取した恋消化して愛が尻から漏れていくのだ


愛情をコンビニに置くスペースで削減されるサラダの売り場


承認はお金で買える承認はお金で買えるお金で買える


可愛いを作れぬ者を口減し可愛いだけが残る原宿


終わらない歌を歌う人のこと刃物で刺したら歌が終わった


たのしいな ああたのしいな あはははは たのしすぎると きがくるいそう


僕こそが真の社会適合者社会の方が僕に合わせる


(written by 社会適合者:http://utayom.in/users/2041







"承認という病"についての思索的な歌/音楽についての歌/変態的な性愛の歌、が、多い。

いずれにせよ社会適合者さんの短歌は、多くの場合、詩情という観念に喧嘩を売りたがっているかのようなトーンだ。「短歌の言葉」を美しいものにしたがる歌詠みは多い。それに反発するような数々の歌。

詩情的美しさとは違った種類の言葉で編まれた彼の短歌は、逆説的に読み手の、とりわけ歌詠みの心の「イタいトコロ」によく刺さるんじゃないだろうか。そんなことを思った。






ぴかぴかに磨きをかけた言葉たち使って語る僕の自己愛 (根本博基)